リノベーション進み具合

【セルフリノベ11月22日進捗】家の片付けが終わっていません!

こんばんは、とりみぎです。

中古住宅をセルフリノベーションしようという計画ですが、11月22日現在、一体どこまで進んでいるのか本日はまとめを書きますね。

1.9万3千円の家賃を払い続けるなら、実家をリノベして一戸建てを手に入れられるのでは?

デザイン業を自宅でしているベーコン、別に借りている工房で菓子製造を行うとりみぎ、家も工房を一箇所にしたらいいのでは?という実家のリフォーム計画を思いつきました(家賃を毎月9万3千円払い続けていますので)。
一戸建てのメリットとデメリットを書き出した話です。
renova.hatenablog.com

2.家を探しに探してへとへと、やっと見つけた方法は「世間話」で!

実家をリノベ計画はなくなり、ペット可で工房近くの賃貸を借りようと探しましたが、いい物件がなかなかない。
賃貸情報を見ていたら、一戸建ても手に入るのでは?という考えが浮かびました。不動産屋さんに色々見せてもらったものの、ピンと来ず。
結局近所の喫茶店のマスターとの世間話で理想の家(築60年)を発見しました!
renova.hatenablog.com

3.家を買うならローンを組まねば!

土地+家+リノベーション=???万円
いくらかかるか算出できていないけれど、ローンを組めるのか、いくら借りられるのか銀行に聞きにいったら、自営業だからというよりも、他の理由で住宅ローンを組めないことが判明!意外な答え…!住宅ローンという仕組みを知らない人はこちらをどうぞ。
renova.hatenablog.com
renova.hatenablog.com

完全なセルフリノベーションでは住宅ローンは組めないんですよね。ローンを組むにしても、工務店や設計事務所を挟まないといけない。
renova.hatenablog.com

4.セルフリノベーションは一体いくらあればできるのか?

DIY初心者のわたしたちはまず基本的な「調べる」「書き出す」という原始的な方法で、計算したら…
合計150万円
その内訳はこちらをどうぞ。妥協しない、かっこいいキッチンシンクも入ってこのお値段です。
renova.hatenablog.com
▼かっこいいキッチンです。
f:id:torimigi:20171113214603j:plain

5.暖を取るなら絶対に木で!

わたし、とりみぎは薪ストーブ育ちでして、マイホームで暖を取るならペレットにしようと思っていました。

ペレットストーブの上に鍋をおいて、コトコト煮物などをしようと思っていたのですが…

ペレットストーブの上には鍋は置けない!
ペレットストーブは灯油ストーブと同じ!

と、薪・ペレットストーブ専門店で知りました。

そうなると二人の心はガゼン!薪ストーブへ心が揺らぎます!
renova.hatenablog.com

薪ストーブはいくらかかるのか気になる方はこちらの記事をどうぞ
renova.hatenablog.com

薪ストーブは薪の調達が大変ですからね、もっと楽に薪ストーブを使う方法もあります。
なんでも完璧じゃなくていい、たのしく過ごす方法があるのですね。
ベーコンが納得した薪ストーブを楽に使う方法です。
renova.hatenablog.com

その他、薪ストーブシリーズはこちらをどうぞ。
薪ストーブが進化している話、おいしい記憶など色々あります。
renova.hatenablog.com

6.ミニマルに暮らしていれば引っ越しもらくらく

自分たちで行う引っ越しは本当に大変だと思います。
わたし、とりみぎは19才のときから2~3年に一度は引っ越ししていて、荷物は少ない方だと思っていましたが、引っ越す度に荷物の多さを痛感…
今の賃貸に引っ越してきてから、2年かけてクローゼットの中はずいぶんスリム化しました。
renova.hatenablog.com

とは言っても、まだまだスリム化しなければならない場所は沢山…
まずは乾物類や麺類、冷凍庫の在庫を減らしていこうと思っています。
空っぽの戸棚や冷凍庫を見るのが楽しみ!

まとめ 11/22現在、引っ越しの日が決まるのを待っています。。

家の持ち主であるおばあちゃんは高齢のため、老人ホームに入ったため、家が空きました。

おそらく老人ホームへ持っていく荷物は最小限で済むので、家には60年分の荷物があります。それを娘さん夫婦が日々お片付けしています。ベーコンもお手伝いに行きました。
親の家を片付けるって大変です。

わたしたちも家のスペースが大きくなっても、荷物の量はこのままで生きたいものです。
なので、現在は明け渡しの日が決まるのを待っています。

お金の件

お金の件については、父に借りるなどの選択肢もありましたが、政策金融公庫に話を聞きに行ってみようかとも思っています。

事業を営む人対象で、デザイン事務所部分と菓子製造の工房部分は対象になりそうですが、住宅部分はどうなんだろう?

調べるよりも聞きに行ったほうが早そうなので、来週札幌に行ったときに行ってみようと思います。

それでは、ベーコンさん、総括をお願いします。

【ベーコンより】
北海道は雪です!寒くなってきました
そろそろリノベ始めたいです!

日々DIYのサイトを検索検索で頭のなかでは天才大工になっております。
しかし実際は釘も打てないDIY初心者なので、ギャップに苦しんでいます。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です